袖丈直し

袖丈直し

袖丈直し

袖丈直し

加工の特徴

袖丈直しとは

袖丈直しとは

「袖を折り返すとデザインが崩れてしまう」「身幅に合せたサイズだと袖が長い」「長袖じゃなく七分袖があったらいいのに…」などのお悩みにお答えするのが袖丈直しです。
袖の長さは、商品によっては折り返して着用する方が様になったり、折り返して着用することが気にならなかったりもしますが、デザイン上折り返して着られない場合や、そもそも折り返して着るのは嫌だというお客さまのご要望にお応えし、袖丈を短くするお直しを承っております。
お気軽にご相談ください。

納期

加工の料金

Tシャツ
ポロシャツ
コックコート
2200円(税込)
ワイシャツ 2970円(税込)
ジャケット 3630円(税込)
カフスボタンを移動させるぐらい袖カットする場合は別途お見積りします。

ご注文前のご相談

カスタムに関するご質問、お悩みのご相談はお気軽にお問い合わせください。

ご注文方法

商品をカートに入れる際に『袖丈直し』のプルダウンからお選びください。
お見積ご依頼を頂きましたら、当店より、メールまたはお電話でご連絡致します。
詳細は『カスタム制作の流れ』へ

詳細がお決まりなら通信欄へ

詳細がお決まりの場合は、ご注文手続きの際に表示される「通信欄」にご記入ください。

記入例

袖丈直し希望
長袖→八分袖

データがある場合

位置や大きさのイメージがわかる手描き図、デザインデータなどがある場合は、メールまたはフォームに添付してお送りください。


加工事例

コックコートの袖丈を直した写真
▲コックコートの袖カフス部分の内側にあるパイピングを残したまま、袖丈13cmカットのご依頼をいただきました。赤丸部分がカット後に縫製し直した所です。糸色と縫製仕上がり共に、袖丈直ししたのか判断が付かないぐらいのキレイな出来上がりです。

袖丈直したしたカフス部分の内側の縫製部分
▲袖丈直したしたカフス部分の内側の写真も撮影いたしました。生地を合わせ部分の内側に巻き込んでから縫い合わせているので、表面・裏面のどちらから見ても違和感はありませんので、ご安心ください。


スーツジャケットの袖丈直しの完成写真
▲スーツジャケットの袖丈直しのご依頼をいただいた時の完成写真です。

袖丈直ししたジャケットの袖口部分アップ写真
▲ジャケットは裏地付きなので一旦袖口の縫製をほどいてから袖先をカット。その後裏地を縫い込みながら袖を作りあげていきました。今回は数センチだけカットなのでカフスボタンは移動させなくても良かったですが、もしも移動させるぐらい袖口カットする場合は別途お見積り金額を出します。


PAGE TOP