求人に効く!ユニフォーム

求人に効く!ユニフォーム

求人に効く!ユニフォーム

求人に効く!ユニフォーム

求人難はユニフォームで解決!

求人難はユニフォームで解決

いま、日本中の飲食店が人手不足で困っています。

人手が足りないせいで、閉店したり、営業時間を短縮するお店も増えています。

一方で、仕事を探している人はまだまだ多く、問題は、雇い手と働き手間のミスマッチであるといわれています。

飲食店のオーナーさんからすると、「そうは言っても、給料を高くしないと働いてくれないのでは?」と思いますよね。

しかし、独自に行った調査から、給料を高くする以外にも求人応募者を集める有効な方法があることがわかりました。

求職者は求人広告の何を見ているか

求職者は求人広告の何を見ているか

調査によれば、たしかに飲食店でアルバイトをする際にもっとも求職者が重視しているのは、給料や勤務地、勤務時間でした。

しかし、じつはお店の個性や雰囲気、経営者や店長の人柄、従業員同士の仲の良さなど、言葉では表現しづらい、もっと[主観的・情緒的な要素]も同じくらい重視していることがわかっています。

これらの要素であれば、それぞれのお店の特徴が出やすいですし、改善するために大きなコストもかかりません。

[主観的・情緒的な要素]を求人広告上で伝わりやすいように表現すれば、求職者は働くお店を選びやすくなるので、応募が集まりやすくなります。

そうはいっても、広告上で伝わりやすいように表現する、というのが簡単ではありません。

「スタッフ同士の仲が良い職場」と文字で説明されていてもピンときませんし、本当か嘘かわかりません。

それでは、どうすればこれらを表現することができるでしょうか。

一番簡単なのは、ユニフォームを着たスタッフの集合写真を掲載することです。

言葉にできない価値を伝えるには

求人広告で、[主観的・情緒的な要素]を知りたいとき、広告内では「写真」をもっとも参考にしていることが、調査からわかっています。

さらに、お店の個性を間接的に知ることができ、働いている人たちの価値観や雰囲気を感じることができるのは、スタッフの集合写真でした。

このとき、お店のコンセプトが反映されたユニフォームを着ているとさらに良いようです。

コンセプトが反映されたユニフォームとは、そのお店らしさが伝わる、カスタマイズされたユニフォームのことです。

刺繍やプリントはもちろん、その他の加工によって、お店のテーマカラーやロゴマークを、ユニフォームに取り入れることができます。

ちょっとした工夫ではありますが、一般的な既製品のユニフォームとカスタマイズされたユニフォームを比較すると、印象ががらっと変わります。

文章では伝わりづらい、「個性的なお店」「スタッフの一体感があるお店」といった要素が伝わりやすくなります。

スタッフの一体感があるお店ビフォー

スタッフの一体感があるお店アフター

カジュアルなお店なら、
エプロンのカスタマイズがおすすめ

具体的には、どのようにユニフォームを選び、カスタマイズすればよいでしょうか。

カフェや喫茶店などのカジュアルな雰囲気のお店で、一番簡単でおすすめなのは、エプロンのカスタマイズです。

エプロンはどのような業種でも違和感なく使え、価格も安く、形や色などのバリエーションも豊富です。

全身を既製のユニフォームにしなくても、スタッフの私服の上から共通のエプロンを着用するだけでも、一体感が演出できます。アルバイトが多いお店には最適です。

ただ、単なる既製品のエプロンをそのまま着用しても、一体感やお店の個性を伝えるには不十分です。

エプロンにロゴマークのプリントをしたり、エプロンの紐をお店のイメージカラーに付け替えをしたりなどして、オリジナルカスタマイズをするとよいでしょう。

首掛けタイプの胸当てエプロンのカスタマイズ例

腰巻きエプロンのカスタマイズ例

  • 胸元にロゴ刺繍とネーム刺繍
  • ウエストにお店のイメージカラーのテープ縫い付け
  • ポケットの取り外し

腰巻きエプロンのカスタマイズ例

test

  • ウエストにお店のイメージカラーテープの縫い付け

信頼感を伝えるなら、
全身ユニフォームに、コンセプトカラーを

飲食店としての信頼感を大事にしているお店や、高級なお店であれば、私服は避け、全身をユニフォームで統一することをおすすめします。

そのときは、スタッフの役割や作業内容別に、ユニフォームのベースアイテムを変えるのが良いでしょう。たとえば、

これらはベースになるアイテムを変え、カスタマイズで、それぞれのベースアイテムに同じカラーとロゴを加えていくのがおすすめです。

お客様から見ても、きちんとした飲食店であることが伝わりますし、だれに何を尋ねるべきか、わかりやすくなります。

役割別にベースのユニフォームが違っても、カスタマイズをすれば、ひとつのお店としてのチーム感を演出できます。

ひとつのお店としてのチーム感を演出

ユニフォーム写真の費用対効果

最後に、求人を目的とした場合のユニフォームの費用対効果を考えてみましょう。

一般的に、地域情報誌などに飲食店の求人広告を掲載する場合、1ブロック2週間で数万円程度です。

通常は、周辺3ブロック程度、掲載も1か月程度と複数契約をする場合が多いので、1回で10万円から30万円くらいのコストがかかります。

しかし、それでも応募がほとんどなかったり、応募がきても求める人材像とは全く違ったり、ということも多いです。

それに対して、カスタマイズによってお店の個性が感じられるユニフォーム写真を掲載した場合はどうでしょう。

ユニフォームをカスタマイズして購入する場合、モノにもよりますが、1着数千円から、高くても2万円程度です。

もしも、10人のスタッフがいるお店でユニフォームをそろえた場合、1着1万円なら、10万円のコストがかかります。

これは、広告1回分のコストにすぎません。

これによって、求人応募数が圧倒的に増えるとしたら、お得な買い物ではありませんか。

さらに、もしも効果がなかったとしても、ユニフォームは使い捨てではありません。仕事をする上で必要なものというだけでなく、ユニフォームによってスタッフのモチベーションの向上や、お客様から見た印象アップも期待できます。

そう考えると、現代の飲食店にとっては求人のためには個性的なユニフォームは必須のものであるといえるでしょう。

求人のために個性的なユニフォームは必須

PAGE TOP